読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き続き、辻村深月さんの世界観を堪能し、加賀恭一郎の人情味を味わいました(^^) 12月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:3190ナイス数:337ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)の感想小学生の普通の子どもがここまで考えられるものなのか、と…

2016年11月の読書報告

辻村深月ワールドと加賀恭一郎シリーズにハマった1ヶ月でした。まだまだ楽しみは継続します! 11月の読書メーター読んだ本の数:9読んだページ数:3946ナイス数:377私が彼を殺した (講談社文庫)の感想前作「どちらかが彼女を殺した」同様、本編では犯人は明…

2016年10月の読書報告

2016年10月の読書メーター読んだ本の数:15冊読んだページ数:5560ページナイス数:531ナイス永遠をさがしに (河出文庫)の感想今度は音楽のお話。家庭が破綻していたために家族愛に飢えていた16歳の高校生。新しい母の個性が強烈だが、温かく、今まで教えて…

2016年9月の読書報告

2016年9月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:3222ページナイス数:596ナイス旅屋おかえり (集英社文庫)の感想旅行はちょこちょこ行くが、旅はしたことが無い。「旅行」と「旅」という言葉に意味の違いがあるのかと思えるほど、おかえりの旅は…

2016年8月の読書報告

2016年8月の読書メーター読んだ本の数:11冊読んだページ数:3811ページナイス数:631ナイスチア男子! ! (集英社文庫)の感想正直まともに知らなかったし、まして男がやるものとも知らなかった。読んでる途中でYouTube、読み終わってもYouTubeで、本と動画の…

2016年7月の読書報告

2016年7月の読書メーター読んだ本の数:12冊読んだページ数:4016ページナイス数:358ナイス怒り(下) (中公文庫)の感想人を信じるためには、その人の何を知るべきか。 それを知らないと、人は人を信じられないのか。 「信」という字は、「人が言う」ことによ…

2016年6月の読書報告

2016年6月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:2812ページナイス数:88ナイス記憶屋III (角川ホラー文庫)の感想そこで繋がってくるのかぁ、と最後に分かり、そこまで引き込まれ、前作同様、一日読了。秘密屋目線、秘密屋自身をもっと掘り下げた…